アピールポイントのまとめ つまずかないで就職活動をするために

バイトの経験話は役に立つか

例えば、大学時代にバイトをした場合、それが就職活動に役立つのではないかと考えている人も少なくありません。実際に、バイトを評価してくれる企業もあります。しかしながら、バイトをしていた事に対しての評価というものはあまり高くはありません。実際に多くの企業にアンケートをとってみると、就活で重視をするのは仕事に対する熱意だったり、その人がどれだけ成長できるかだったりします。就活で役立つのはバイトをしたという経験ではなくて、そのバイトから何を学んだか、その経験によってどのようなことを考えたか、そしてどのように行動したかということが大事になります。もう少し具体的に見ていくと、たとえば集団の学習塾の講師をやっていたという経験があれば、そのままでは特に役立ちませんが、例えば「多くの人の前で話をすることで、人に話をつたえるという方法を習得した」とすれば、それは就職をして実際に働きだした時プレゼンなどで役に立つことがあるのです。また、人をやる気にさせる方法を取得したり、自分なりに考えた方法で結果を出したとすればそれは就職活動で評価されます。それをいかに面接の段階でビールをするかということも大事になります。ファミレス等の場合はお客さんとの接し方を学ぶことで将来の仕事に十分に役立ちます。このように、バイトも経験だけでは意味があるわけではなく、そこからどのような事を学び、将来的に生かすことができるかが伝われば就活に役立つのです。問題を解決できる力があるか?新しい事に挑むチャレンジ精神があるか?がポイントだとも言われています。面接の時にはぜひ、自分がバイト先で学んだ事をアピールしてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です